中森あかねパチンコ

PROJECT
PROJECT2023.11.10

FREITAG STORE 上海 / 小大建築設計事務所

既存の建築にブランドのストーリーを織り込めたリノベーション

FREITAG Store Shanghai(フライターグ上海)は、上海の中心地である静安寺エリアの北側に位置し、レジデンシャルエリアでありながらも、近年は小さなカフェや商業施設などで盛り上がりを見せるエリアに位置するチューリッヒ店に次ぐ大規模店舗である。
ショップは延平路(Yan Ping Lu)と胶州路(Jiao Zhou Lu)を繋ぐ小さな路地にあり、2つの通りからもその姿を眺められるような場所に計画された。
FREITAG(フライターグ)は1993年にスイス、チューリッヒの工業地帯で生まれたバッグ・ブランドで、創立者であるフライターグ兄弟がカラフルな自動車からインスピレーションを得ながら、使い古しのトラックの幌や廃棄された自転車のチューブ、車のシートベルトなど、リサイクル材料のみでつくったメッセンジャー・バッグが第1号のフライターグバッグだったということは非常に有名な話である。
今プロジェクトで、私たちはブランドのストーリーを計画地、周辺環境と共に紡ぎ、循環型のストアコンセプトを打ち出したいと考えた。

そこで、計画地にあった既存の建築(1980年代に建設された国営のタオル工場)をできる限りリサイクルしながら、ストラクチャー部分を強化することで、より長寿命な建築物に移行させることにした。鉄骨構造フレームが優雅に地面に接しているため、路地が効果的に広がり、外部活動や回遊のためのスペースが確保できた。
外部から店舗である2階、3階への導線はブランドのイメージカラーの1つである「Traffic Yellow」で塗装された外階段からアプローチが可能である。この外階段だけでなく、カーゴリフト、ハシゴなど、垂直方向の移動に関連する要素には「Traffic Yellow」を採用することで、主にモノトーン(今回は彼らがよく使用する「Light Grey」もインテリアエレメンツに多く採用した)となっている建築、インテリア要素に視認性と、ワクワク感をもたらしている。

また、FREITAG Store Shanghaiの改装では、CO2排出量を最小限に抑えることに重点を置き、さまざまな対策により、約144t-CO2 eq(約45%)の削減を達成した。
この数字は、生産、建設、使用後の段階を含み、11,500本のブナの木が1年間に吸収するCO2の量に相当するもの。
また、205,000kWhの電力(East China Power Grid)や48.2トンのガソリンを使用した場合にも、同量のCO2が排出されることになる。

この小さな路地に計画された店舗がコミュニティに開かれた存在となることを目指し、1階はリペアステーションが計画された。また各階を繋ぐ大きなヴォイドに沿うように店内に垂直収納システムを採用。裏方的な機能を、室内空間全体の中心的な機能としてみせている。垂直収納は各階に1つずつあり、ローテクな手動機構によって床板に向かって移動させることも可能である。
2023年3月25日にオープンした今店舗がコミュニティと共に長く愛される場所、そしてブランドをつくるターミナルのような場所になることを願う。(小嶋伸也+小嶋綾香)

A renovation that weaves the brand's story into the existing architecture

FREITAG Store Shanghai is the second largest store after the Zurich store, located north of the Jing’an Temple area in the heart of Shanghai. This residential area has recently seen a  in small cafes and commercial establishments.
The store is located in a small alley connecting Yan Ping Lu and Jiao Zhou Lu and was planned to be seen from both streets.
FREITAG is a bag brand born in 1993 in an industrial area of Zurich, Switzerland. Inspired by colorful cars, the brand’s founders, the Freitag brothers, made their bags from recycled materials such as used truck covers, discarded bicycle tubes, and car seat belts. It is a very famous story that the first FREITAG bag was a messenger bag made entirely from recycled materials, such as used truck covers, discarded bicycle tubes, and car seat belts, while the founding brothers were inspired by colorful cars.
In this project, we wanted to weave the brand story, the site, and the surrounding environment to create a circular-store concept with the saving of resources at its core.

We decided to recycle as much as possible of the existing architecture on the site (a state-owned towel factory built in the 1980s) while reinforcing the structural components to transition it into a longer-lasting building. The steel structural frame gracefully touches the ground, effectively widening the alley and providing space for external activities and circulation.
The second and third floors of the store can be approached from the outside via an exterior staircase painted in “Traffic Yellow,” one of the brand’s image color. By adopting “Traffic Yellow” not only for this external staircase but also for elements related to vertical movement, such as cargo lifts and ladders, the architecture is mainly monotone (this time, “Light Grey,” which they often use, was also used for many interior elements), and the “Traffic Yellow” brings visibility and a sense of excitement to the monotone architectural and interior elements.

The renovation of FREITAG Store Shanghai also focused on minimizing CO2 emissions, which were reduced by approximately 144 t-CO2 eq (about 45%) through various measures.
This figure includes production, construction, and post-use phases, equivalent to the CO2 absorbed by 11,500 beech trees in one year.
The same amount of CO2 would also be emitted if 205,000 kWh of electricity (East China Power Grid) or 48.2 tons of gasoline were used.

A repair station was planned for the first floor to open this small alley storefront to the community. In addition, a vertical storage system was adopted inside the store along the large void that connects each floor. A backstage function is made to appear as the central function of the entire interior space. One vertical storage space is located on each floor and can be moved toward the floorboards by a low-tech manual mechanism.
This store, which opens on March 25, 2023, will become a long-lasting place within the community and a kind of terminal where brands are created.

【FREITAG STORE 上海】

所在地:中華国上海市静安区
用途:店舗
クライアント:FREITAG
竣工:2023年

設計:FREITAG、小大建築設計事務所
担当:小嶋伸也、小嶋綾香、何未闻、北上絋太郎、侯雨彤、小川恭平
デベロッパー:”CJ” Chengjun Fan
ルーフトップ・コンセプト:Jody Wong
ベンチデザイン:Leandro Destefani (Zauber Aller Art)
施工:Hengpin

撮影:Gao Hanzhi(Studio Fang)、Wuzhe

工事種別:リノベーション
構造:混構造
規模:地上3階
敷地面積:95.5m²
建築面積:263.5m²
延床面積:264m²
設計期間:2021.10-2022.08
施工期間:2022.10-2023.03

【FREITAG Store Shanghai】

Location: Jing An District, Shanghai, China
Principal use: Store
Client: FREITAG
Completion: 2023

Architects: FREITAG, kooo architects
Design team: Shinya Kojima, Ayaka Kojima, Weiwen He, Kotaro Kitakami, Yutong Hou, Kyohei Ogawa
Developer: “CJ” Chengjun Fan
Rooftop concept: Jody Wong
Bench design: Leandro Destefani (Zauber Aller Art)
Contractor: Hengpin

Photographs: Gao Hanzhi (Studio Fang), Wuzhe

Construction type: Renovation
Main structure: Mixed structure
Building scale: 3 stories
Site area: 95.5m²
Building area: 263.5m²
Total floor area: 264m²
Design term: 2021.10-2022.08
Construction term: 2022.10-2023.03

Other works

PROJECT2022.10.27

DENIS MADE IN TOKYO / 小大建築設計事務所

無骨な素材を再編集して美しく見せる路面店のようなショップ
PROJECT2022.10.21

POLA / 小大建築設計事務所

クライアントの技術と哲学を表現するサロン併設のコスメショップ
PROJECT2022.10.12

大山初里 / 小大建築設計事務所

解体・新築で村を再生する 土壁の宿泊施設

設計者の皆さまへ
自社で設計したプロジェクトを「TECTURE」サイトに登録しませんか? 登録されたプロジェクトより『TECTURE MAG』掲載を検討します。

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ