中森あかねパチンコ

CULTURE

マリオ・クチネッラが設計する大阪・関西万博パビリオン

広場・劇場・庭園を内包した"イタリア・ルネサンスの理想都市"がパビリオンとして出現

CULTURE2023.11.12

開催まであと518日。
2025年4月13日より、大阪市内で開催される日本国際博覧会(2025年大阪・関西万博)に関する続報です。

公式参加国の1つ、イタリア共和国(以下、イタリア)のパビリオンのテーマとデザインが、在大阪イタリア総領事館から11月6日に正式に発表されました(Commissioner General for Italy at Expo 2025 Osaka-Kansai 2023年11月8日、11月9日 )

2025年大阪・関西万博〈イタリア パビリオン〉

〈イタリア パビリオン〉外観 イメージパース

すでに今年8月に外観イメージ等が公表されているパビリオンの設計は、建築家のマリオ・クチネッラ(Mario Cucinella)が率いるマリオ・クチネッラ・アーキテクト(Mario Cucinella Architects: MCA)のグループが担当。イタリア・ルネサンスの理想都市(Città ideale / The Ideal City)を現代の解釈で表現したデザインとなっています。

グループは、Beyond Limits、Milan Ingegneria Spa、Tekser Srl、Zeranta Edutainment Srl、Gae Engineering Srl、地質学者のClaudio Preci氏と、日本側の協力企業である西尾レントオール(イタリア館の躯体には同社の木造モジュールが採用される見込み / 2023年8月21日)、乃村工藝社で構成され、アーキテクト・オブ・レコード(AoR)として、東京と米国ニューヨークに拠点を構える松田仁樹建築設計事務所が参加するとのこと(2023年8月17日)。

2025年大阪・関西万博〈イタリア パビリオン〉

〈イタリア パビリオン〉平面プラン(屋上 / 庭園)

2025年大阪・関西万博〈イタリア パビリオン〉

〈イタリア パビリオン〉平面プラン

2025年大阪・関西万博〈イタリア パビリオン〉

〈イタリア パビリオン〉平面プラン

2025年大阪・関西万博〈イタリア パビリオン〉

イタリアパビリオン 建築模型 ※屋根の屋上部分が取り外された状態(画像提供:General Commissioner’s Office of Italy for Expo 2025 Osaka)

2025年大阪・関西万博〈イタリア パビリオン〉

〈イタリア パビリオン〉建築模型(画像提供:General Commissioner’s Office of Italy for Expo 2025 Osaka)

「パビリオンはさまざまな時代と文化が影響しあう、知識や革新を生み出す有機体」と考えるクチネッラは、ピアッツァ(広場)・テアトロ(劇場)・ジャルディーノ(庭園)という、イタリア文化の重要な歴史ある社会空間にスポットライトをあて、イタリアの理想都市を3つの幕で表現、展示空間もテーマごとに3つに分かれます。

2025年大阪・関西万博〈イタリア パビリオン〉

〈イタリア パビリオン〉内観 イメージパース

2025年大阪・関西万博〈イタリア パビリオン〉

〈イタリア パビリオン〉内観 イメージパース

2025年大阪・関西万博〈イタリア パビリオン〉

〈イタリア パビリオン〉内観 イメージパース

2025年大阪・関西万博〈イタリア パビリオン〉

〈イタリア パビリオン〉内観 イメージパース

中央のエリアでは、イタリアと日本の協力で進行中の宇宙(aerospace)分野を紹介。2つめは街と社会について、インフラストラクチャー、ネットワーク、モビリティ、都市計画に関する展示となります。そして、3つめは、人間がテーマ。医学とライフサイエンス、ホーム、オートメーション、ロボット工学のほか、食育に関する展示が予定されています。

そして屋上部分には、古典的な迷宮のアイデアを現代的にアレンジした庭園空間が出現します。

2025年大阪・関西万博〈イタリア パビリオン〉

〈イタリア パビリオン〉屋上庭園 イメージパース

2025年大阪・関西万博〈イタリア パビリオン〉

〈イタリア パビリオン〉屋上庭園 イメージパース

2025年大阪・関西万博〈イタリア パビリオン〉

万博会場外縁部”リング”からの〈イタリア パビリオン〉の眺め(イメージパース)

2025年大阪・関西万博〈イタリア パビリオン〉

〈イタリア パビリオン〉屋上邸円 夕景イメージパース

これらの根底に流れる、アート、テクノロジー、エンジニアリング、ライフスタイルや哲学までも内包する「デザイン」をイタリアパビリオンでは重視。現在のイタリアの技術革新の基礎となっているデザインと職人文化の強いつながりについても展示を通して伝えられます。

〈イタリアパビリオン〉の協力者として、イタリアとゆかりの深い日本のデザイン・建築界から選出されたアンバサダーも発表されています。下記5氏のほか、日本からは西尾レントオールなどが建築チームに参加するとのこと。

イタリアパビリオン アンバサダー(敬称略):
新宮 晋(彫刻家)、八木雄三(八木通商)、喜多俊之(プロダクトデザイナー)、奥山清行(インダストリアルデザイナー)、コシノジュンコ(ファッションデザイナー)

 


#BUROMILAN YouTube「La Città Ideale – Italy Pavilion Expo 2025 Osaka」(2023/10/05)

さらに今回、ローマ教皇庁とイタリア館がタイアップするのも注目点です。史上初めて、イタリアパビリオンの中にバチカン(教皇庁 / The Holy See)が出展。福音宣教省(Dicastery for Evangelization)との協力による文化イベントやアート展示などが予定されています。

2025年大阪・関西万博〈イタリア パビリオン〉

〈イタリア パビリオン〉外観イメージパース

〈イタリア パビリオン〉では、バチカン関連企画のほかにも、イタリアが誇る芸術や美術、食文化を紹介。オペラやコンサートなどが開催される予定です。

大阪での万博終了後、パビリオンは”イタリアワークショップ”として再利用される予定とのこと。

2025年大阪・関西万博〈イタリア パビリオン〉

〈イタリア パビリオン〉夜間外観 イメージパース

※本稿の画像全点:Commissioner General for Italy at Expo 2025 Osaka-Kansai 提供

2025年大阪万博イタリア参加一般部会コミッショナー ウェブサイト

【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン TECTURE NEWS LETTER

今すぐ登録!▶

2025年大阪・関西万博 まとめ記事

FEATURE2022.07.18

「2025年大阪・関西万博」カウントダウン!

注目のパビリオンなど建築・デザインの最新情報まとめ、随時更新

2025年大阪・関西万博 海外パビリオン(プロポーザル案を含む)

CULTURE2023.06.11

2025年大阪・関西万博〈オランダ パビリオン〉概要

クリーンエネルギーの幕開けを"太陽"と"水"で表現したデザイン
CULTURE2023.06.17

2025年大阪・関西万博〈スイス パビリオン〉概要

ETFE膜構造の最軽量パビリオン、エコロジカルフットプリント(資源消費)も最小で建設
CULTURE2023.06.18

2025年大阪・関西万博〈チェコ パビリオン〉概要

Aproposがデザイン、キノアーキテクツが日本側設計者として参画
CULTURE2023.09.14

レンタルしたタワークレーンを活かすパビリオン!?

セルガスカーノとFRPOアーキテクツによる 2025年大阪・関西万博〈スペインパビリオン〉のプロポーザル案

2025年大阪・関西万博 民間パビリオン

CULTURE2022.07.18

永山祐子氏がパナソニックのパビリオン「ノモの国」を設計

2025年大阪・関西万博 民間パビリオン ニュース
CULTURE2023.03.09

リード アーキテクトは永山祐子氏、ドバイ万博日本館で手がけたファサード資材をリユース・再構築するサステナブル建築

2025年大阪・関西万博〈ウーマンズ パビリオン in collaboration with Cartier〉概要
CULTURE2023.03.25

大阪・関西万博〈ガスパビリオン おばけワンダーランド〉概要

大阪ガスが開発した放射冷却素材「SPACECOOL」を採用して夏季の空調負荷を抑制
CULTURE2023.08.26

坂茂建築設計、紙・竹・炭素繊維を用いた“廃棄物ゼロ建築”で海洋問題を啓発

大阪・関西万博 民間パビリオン〈ブルーオーシャンドーム〉概要
CULTURE2023.10.19

高松伸が民間パビリオンを設計、細尾の西陣織を纏った外装に

飯田グループHDと大阪公立大学が2025年大阪・関西万博出展概要を発表

パビリオン TOPICS

COMPETITION & EVENT2021.07.20

ドバイ万博「EXPO2020」概要

永山祐子+NTTファシリティーズが日本館を設計、アテンダントコスチュームはアンリアレイジがデザイン
FEATURE2021.12.13

2020年ドバイ国際博覧会 注目パビリオン10+1選

TECTURE MAG厳選 主要パビリオンを一挙に紹介!
CULTURE2023.08.04

CNCとARで生み出す樹木のような構造体

広がる人工の枝が支える開放的な空間〈パビリオン・オブ・フローティング・ライト〉
CULTURE2023.08.10

先進テクノロジーで拡張する伝統工法

金具を使用しない木造様式とロボティック・ファブリケーションによる傾いた木造グリッドのパビリオン〈マチュム・ハウス〉
CULTURE2023.07.03

今年の〈サーペンタイン・パビリオン〉が公開!

同じ空間で「テーブルにともに座り」ともに考え対話する リナ・ゴットメによる第22回〈サーペンタイン・パビリオン〉
  • TOP
  • CULTURE
  • ARCHITECTURE
  • 建築家のマリオ・クチネッラが設計する、2025年大阪・関西万博〈イタリア パビリオン〉はイタリア・ルネサンスの理想都市を表現したデザインに
【購読無料】空間デザインの今がわかるメールマガジン
お問い合わせ